インフルエンザA型B型C型

流行しているインフルエンザの種類は毎年違う形であるということをご存知でしょうか?A型B型C型と分類され、流行しているものはA型かB型なのですが、インフルエンザA型B型C型にはどのような違いがあるのでしょうか。

インフルエンザA型B型C型

インフルエンザA型B型C型の違い

インフルエンザは国内では毎年季節的に流行しているほか、世界的な規模でも大流行することがあり、ときには何万人という人々が亡くなるほどの被害をもたらします。こうしたインフルエンザは、しばしばA型、B型、C型という3つのタイプにわけられていますが、それぞれに違った特徴があるものですので、場合によっては治療薬の種類などもその都度換えなければなりません。
このA型、B型、C型というのは、インフルエンザウイルスの違いととらえてもよく、ウイルスの表面にある突起の形状や、たんぱく質の性質の違いなどが、その分かれ目となっています。ただし、B型やC型はともかくとして、A型については、同じタイプのなかでも微妙に形状や性質が異なる亜種とよばれるものが100種類以上もあり、これまでにヒトへの感染が確認されていなかった新型インフルエンザウイルスとよばれるものも含まれています。
A型のウイルスは、世界的な大流行を引き起こすもののほとんどを占め、高熱や筋肉痛、悪寒などといった、インフルエンザの典型的な症状がはっきりと出やすいものです。こうしたウイルスに感染した場合には、病院で診察を受ければ、ウイルスの増殖を抑える効果のある抗インフルエンザ薬を処方してらえますので、早めの対処が肝心となります。
また、B型のウイルスも、A型ほどではないものの、割と流行しやすいものということができます。A型にくらべると症状が激しくはないといわれていますが、放置すればインフルエンザ脳症などの危険もあります。通常はA型と同じ抗インフルエンザ薬の処方を受ければ、症状を改善させることが可能です。
C型のウイルスは、小さなこどもが季節にかかわらずかかりやすく、鼻汁が出るなどの通常のかぜと似たような症状を呈するのが特徴です。ただし、こどものころにいったん免疫ができてしまえば、大人になってからかかることは、ほとんどないといわれています。

インフルエンザA型とB型は同時にかかることはある?

インフルエンザというのは毎年色々な型のものが流行するものです。そして人によっては運悪く、A型のインフルエンザとB型のインフルエンザと同時にかかってしまうこともあるのです。A型とB型と同時にかかった場合、症状が通常よりも重く出る人も沢山います。何しろA型の症状とB型の症状とが同時に出ているのですから、当然の話だと言えます。しかしA型とB型と同時にかかったという人であったとしても、それ程症状が重くならずに通常の単体のインフルエンザにかかった場合と大差のない症状が出るだけだという人もいます。そのような人の場合は良かったと思って、通常のタミフルを服用する等の治療をして、一日も早く治していくことが大切になってきます。そして人によっては単体でかかるよりもA型とB型と同時にかかった方が症状が酷くならなくて済むという人も沢山いるものです。単体でかかった場合よりも普通はA型とB型と同時にかかった場合の方が症状が酷くなると思い込んでいる人は沢山いるものなので、もしそのような人達がそのような現象に遭遇した時は、大変驚いて、自分の持っていた一般常識が覆されることになるのです。
しかしどのような経過を辿るにしろ、インフルエンザというのはなるべくかかりたくないものです。なので一番良いのは、そもそもどちらの型のインフルエンザにもかからないような健康な身体を作って予防をしていくことなのです。それには栄養のある食事を毎食しっかりと食べなければいけませんし、睡眠もしっかりとらなければいけません。一見当たり前の日常生活の注意事項のようで、現代人にとっては意外と守るのが難しいものです。何故なら現代人は、忙しい生活を送っているからです。

インフルエンザの簡単検査キットとは

インフルエンザは、以前は症状から判断したり、検査機関に鑑定を依頼しなければ判定できなかった病気ですが、現在では簡単検査キットが登場し、医療機関内ですぐに判定することが可能です。

この検査キットは、鼻に綿棒を入れ、粘膜や鼻水を採取してキットに付着させることで、インフルエンザなのかを判断することができます。この検査は、鼻に綿棒を入れるだけという特別難しいものではないため、多くの医療機関で簡単に受けることができます。検査結果は数分から数十分ほどで判明する上、インフルエンザのタイプまでわかるので、すぐに治療に移ることができるというメリットがあります。

検査キットには、インフルエンザウィルスの成分だけに反応する抗体が使われており、鼻粘膜や鼻水に含まれる細胞や粘液をキットに付けると、反応が出るのです。

しかし、検査キットは、インフルエンザ発症から24時間以上経たないとウィルスの量が少ないために正しい診断ができないというデメリットがあります。発熱後すぐではウィルスの量が少ないので、陰性という結果が出てしまうことがあります。また、発症の発覚が遅れてしまうと、症状が悪化したり、治療薬が効きにくくなってしまいます。インフルエンザの治療薬は、発症後48時間以内に使用を開始するのが最適なので、発症して1日ほどで医療機関にかかると安心です。

近年では、医療機関だけではなく、自宅で検査できるキットも販売されています。ただ、自宅でできる検査キットは、ドラッグストアなどでは販売されていない上に、価格は10回分12000円と、病院で1回検査を受けるよりも高額です。入手したい場合は、製造メーカーに問い合わせるなどの必要があります。

■このサイトで情報をチェック
風邪とインフルエンザの違いとは
■いつでも使える リレンザは吸引タイプのお薬