流行しているインフルエンザの種類は毎年違う形であるということをご存知でしょうか?A型B型C型と分類され、流行しているものはA型かB型なのですが、インフルエンザA型B型C型にはどのような違いがあるのでしょうか。

インフルエンザA型B型C型

インフルエンザの情報がアプリの一覧表で分かる

インフルエンザがまん延してピークに達する時期は、予防を強化する必要があります。それにはインフルエンザが全国各地でどれくらい流行しているかが分かるような情報が必要になるでしょう。最近ではスマートフォンなどからのアプリで最新の流行状況などが分かるものが登場しています。
アプリの一覧表を見ることの出来るサイトを検索すると、インフルエンザに関するアプリが多く見つかります。自分の住んでいる地域の流行情報が確認出来る機能や警戒指数が分かる機能が盛り込まれています。さらにインフルエンザが流行すると起こるのが学校内での学級閉鎖で、各地域の学校で学級閉鎖になっている学校が分かる機能もあります。
アプリの一覧表はAndroidとIOSの両方に対応しているものがあります。中にはどちらかのOSのみにしか対応していないアプリもあるので、さまざまなアプリの中から自分に合った機能を持ち合わせているものを探すなら、両方のOSからの一覧表を見比べてみると良いでしょう。
またインフルエンザに関するアプリは情報を確認するだけでなく、患者数が一定の割合に達して危険度が上がると知らせてくれるアラート機能がついているものもあります。アラートによってどれだけ危険度と警戒が必要かが分かれば予防や対策も立てやすくなります。
自己診断が出来る機能もあります。インフルエンザにかかりやすい度がいくつかの質問に答えることでチェック出来ます。この自己診断はインフルエンザに限らず一般的な風邪についての予防対策として診断チェック出来る項目もあります。自己診断も受けることで自分の体調や環境がどれだけ感染しやすい状況であるかが分かり、予防がしやすくなります。